技術情報

ばね予備校

新たな、ばね講座としまして「私立スプリング予備校」をここに開校いたします。

ここで掲載する内容は、昭和41年から44年にかけて、ある新聞に掲載されたものです。
その為、JISなどの工業規格や様々な表現が現代にそぐわない点がございますが、日本の技術発展を支えた先人の方々に敬意を表すとともに、当時の時代背景を懐かしみ感じて頂こうかと思いまして、そのまま掲載させて頂く事にしました。

月2回の更新頻度で、皆様にお届けいたします。(全60回の予定)
しばらく、お付き合い願います!。

≪2009年7月31日≫
2008年4月より更新させていただいた「私立スプリング予備校」が今回をもって最終回となりました。
毎回楽しみにしていただいた皆様、誠にありがとうございました。
また新たに皆様のお役に立つものを提供させていただきたいと思っています。
次回の更新まで楽しみにお待ちください。

▼弊社元技術顧問「渡邊 信一さん」から、寄贈された原本

寄贈された原本
寄贈された原本

※渡邊 信一さんのプロフィールは「たかがばねされどばね」をご覧下さい。

掲載リスト

get Adobe Reader
下記PDFファイルをご覧いただくには無料配布されているAdobe Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらのアイコンからダウンロードして御利用ください。
第一講 かたさ比べはこすること、金属のかたさはどの位か、他(PDF) 2008/04/22 UP
第二講 硬さという言葉、かたさにもJISがある、他(PDF) 2008/04/22 UP
第三講 包丁がいろいろあるわけ、かたいものは赤信号、他(PDF) 2008/05/01 UP
第四講 変っている測定方式、圧痕が残らない利点、他(PDF) 2008/05/01 UP
第五講 人力車も一役、鍛冶屋さん大奮闘、他(PDF) 2008/05/15 UP
第六講 各種試験機勢揃い、面白い当時の仕様書、他(PDF) 2008/05/15 UP
第七講 自動車ばね登場、本格的なばねの研究、他(PDF) 2008/06/02 UP
第八講 ロックウェルの発明、ビッカースの発明、他(PDF) 2008/06/02 UP
第九講 自動車工業の推移、航空機工業の推移、他(PDF) 2008/06/16 UP
第十講 各種規格の制定、JESからJISまで、ばね用鋼の変遷(PDF) 2008/06/16 UP
第十一講 新しい材料や技術、粘土水で焼入、他(PDF) 2008/07/01 UP
第十二講 新型機の進出、自動車工業と部品工業(PDF) 2008/07/01 UP
第十三講 “素手で針金を切る”、“変形なしで切断できる”、他(PDF) 2008/07/15 UP
第十四講 ばねにかかる応力の特徴、道路が悪いとばねが折れる(PDF) 2008/07/15 UP
第十五講 アメとチョコレート、ツルツルとザラザラ(PDF) 2008/08/01 UP
第十六講 親ガメの背中に子ガメ、一体何日かかるでしょう(PDF) 2008/08/01 UP
第十七講 疲れると金属も変化する、変な四角形ですが(PDF) 2008/08/12 UP
第十八講 物臭太郎はおらんかね、ばねかたさの誕生(PDF) 2008/08/12 UP
第十九講 アナとミゾにはご用心、バイ菌のような切欠(PDF) 2008/09/01 UP
第二十講 肌の話 “ガマ肌サメ肌ゼニタムシ”、“とんだ連っ子脱炭ちゃん”(PDF) 2008/09/01 UP
第二十一講 義経弁慶どちらが強い、松茸は小さい方がうまい(PDF) 2008/09/12 UP
第二十二講 富士の白雪 三島にそそぐ、さびの語源は荒び、他(PDF) 2008/09/12 UP
第二十三講 雨にも風にも負けない化粧、なんといっても素肌が大切、他(PDF) 2008/10/01 UP
第二十四講 黒皮ばねほど効果的、ショットピーニングの話(PDF) 2008/10/01 UP
第二十五講 石・銅・鉄、鋼のなかま(PDF) 2008/10/15 UP
第二十六講 特級酒と二級酒、いいやつ いやなやつ(PDF) 2008/10/15 UP
第二十七講 降伏点と耐力、なに分かれば なにが分かる(PDF) 2008/10/31 UP
第二十八講 エッチと鋼の変態、鋼の素顔(PDF) 2008/10/31 UP
第二十九講 伸びてるものが縮まる、ゴネる連れ子(PDF) 2008/11/14 UP
第三十講 速度による形相変化、いろいろある滑降コース(PDF) 2008/11/14 UP
第三十一講 鋼の味つけ焼戻し、変化しない不完全野郎(PDF) 2008/12/01 UP
第三十二講 急冷するほど膨脹する、焼なましと焼ならし(PDF) 2008/12/01 UP
第三十三講 加熱は万病のもと(PDF) 2008/12/15 UP
第三十四講 四人の母親、役にたつ子供達(PDF) 2008/12/15 UP
第三十五講 まず姓名判断から、次に母体探訪(PDF) 2009/01/05 UP
第三十六講 育ちの違う兄弟、兄弟は他人のはじまり(PDF) 2009/01/05 UP
第三十七講 独特の熱処理、削って削ってまた取って(PDF) 2009/01/15 UP
第三十八講 良いお米からよいお酒、月とスッポン値段の差(PDF) 2009/01/15 UP
第三十九講 大切な引張強さ、太るものとやせるもの(PDF) 2009/02/02 UP
第四十講 冷間加工と低温焼鈍、ばね成形も冷間加工(PDF) 2009/02/02 UP
第四十一講 紫の夜明けの色もある、おしろいとビタミン(PDF) 2009/02/13 UP
第四十二講 太いのはなまし線で、泣かぬ子を泣かす、他(PDF) 2009/02/13 UP
第四十三講 JSMAナンバー・ワン、ずばりナイス・ショット(PDF) 2009/03/02 UP
第四十四講 お化粧の効果とは、経験者は強い(PDF) 2009/03/02 UP
第四十五講 適材適所と最適処理で、変わりもの引張ばね、他(PDF) 2009/03/13 UP
第四十六講 花の予備校学園祭、民謡クラブの巻(PDF) 2009/03/13 UP
第四十七講 植物クラブの巻、竹とばね、竹とばねの北限地、他(PDF) 2009/04/01 UP
第四十八講 川柳クラブの巻(PDF) 2009/04/01 UP
第四十九講 釣りクラブの巻、釣りとつり、ばねとはね、他(PDF) 2009/04/15 UP
第五十講 ウッドとアイアン、選ばれたばね鋼(PDF) 2009/04/15 UP
第五十一講 貨車の板ばねはSUP3、自動車ばねは6と9(PDF) 2009/05/01 UP
第五十二講 ばねのかたさ、ばね秤の使用限度(PDF) 2009/05/01 UP
第五十三講 鋼を強くする炭素、一見すると白と黒(PDF) 2009/05/15 UP
第五十四講 越さねばならぬ変態点、炭素量と焼入れかたさ(PDF) 2009/05/15 UP
第五十五講 急冷するほど硬くなる、鋼種によっても違う(PDF) 2009/06/01 UP
第五十六講 守りたいばねかたさ、折損原因による焼むら(PDF) 2009/06/01 UP
第五十七講 急冷するほど硬くなる、鋼種によっても違う(PDF) 2009/06/15 UP
第五十八講 守りたいばねかたさ、折損原因による焼むら(PDF) 2009/06/15 UP
第五十九講 セメンタイト坊やの成長、組織で違う腐食の度合(PDF) 2009/07/01 UP
第六十講 熱処理後でも熱被害、ハンマ作業はなくしたい(PDF) 2009/07/01 UP
第六十一講 早く冷えた側に反る、ひずみの少ない焼入法(PDF) 2009/07/15 UP
第六十二講 力を加えた焼もどし、有効なのは一度だけ(PDF) 2009/07/15 UP
第六十三講 生命を与える焼もどし、その日のうちに焼もどし(PDF) 2009/07/31 UP
弊社では掲載に携わった方々を探しています。また、本コーナーの感想をお聞かせ下さい。
下記メールアドレスまで、よろしくお願い申し上げます。
連絡先メールアドレス:customer@accurate.jp