技術情報

スタンダード・ヒンジ シュアトルク

 



板ばねタイプの高ヒンジユニット
製品の薄型化に対応。ヒンジ径を極限まで小さく
設計
板ばねのカーリング方向によりトルク差を実現
※ST010、ST025タイプ。下図を参照下さい。

 

 




 このカーリング方向を利用して、開閉に必要な力の加減に、
差を持たせる設定が可能です。
 パソコン等、電子機器の開閉部に最適なラインナップ。

      






製品番号 トルク値
(N/mm)
カーリング方向による
トルク差
仕様図
ST010 A0 78 有り (10:7) 規格ヒンジ ST010A0
A1 規格ヒンジ ST010A1
ST015 A0 118 無し 規格ヒンジ ST015A0
A1 規格ヒンジ ST015A1
ST025 A0 206 有り (10:7) 規格ヒンジ ST025A0
A1 規格ヒンジ ST025A1
ST030 A0 294 有り (10:7) 規格ヒンジ ST030A0
A1 規格ヒンジ ST030A1
ST040 A0 392 有り (10:7) 規格ヒンジ ST040A0
A1 規格ヒンジ ST040A1
ST060 A0 588 有り (10:7) 規格ヒンジ ST060A0
A1 規格ヒンジ ST060A1
B0 無し 規格ヒンジ ST060B0
ST080 A0 785 有り (10:7) 規格ヒンジ ST080A0
A1 規格ヒンジ ST080A1
B0 無し 規格ヒンジ ST080B0
ご注文例 製品番号をご指定下さい。

※仕様は予告なく変更する場合があります。